宝田恭之教授に関する掲載新聞

【新聞】

●平成17年7月12日●上毛新聞● 『有機廃棄物→水素ガス』

●平成17年7月12日●日刊工業新聞● 『有機廃棄物から水素エネ』

●平成17年8月20日●群馬建設新聞● 『群馬大学宝田教授 廃棄物利用法』

●平成17年10月15日●桐生タイムス● 『「世界最低温」褐炭で実現 バイオマスのガス化』

●平成18年10月26日●群馬経済新聞● 『バイオマス廃棄物をクリーンエネルギーへ』

●平成19年5月15日●日刊工業新聞● 『家畜排泄物低温ガス化 群馬大、安価な触媒開発』

●平成19年5月21日●東京新聞● 『家畜ふん尿無害に 「可燃ガス化」技術』

●平成19年9月5日●桐生タイムス● 『環境プロセス工学科でNEDOプロジェクト2件採択』

●平成20年3月2日●ぐんま広報● 『畜産排泄物利用ガス』

●平成20年7月20日●上毛新聞● 『家畜糞尿をエネルギーに』

●平成20年11月21日●桐生タイムス● 『”石油の次”探れ』

●平成20年12月3日●桐生タイムス● 『次世代エコエネ技術開発を』

●平成20年12月4日●上毛新聞● 『次世代燃料で研究会』

●平成21年3月13日●桐生タイムス● 『家畜のふんで発電』

●平成22年3月27日●桐生タイムス● 『CO2 25%削減へ実証実験』

●平成22年3月29日●桐生タイムス● 『良質ガス取り出し成功』

●平成23年5月25日●桐生タイムス● 『「JSTに役立てて」桐生信金エコエネ研に寄付』

●平成23年9月4日●ぐんま広報● 『暮らしやすい未来のために』

●平成23年9月6日●桐生タイムス● 『脱温暖化へ木製の塀~JSTプロジェクト「もくべえ」開発』

●平成23年9月24日●桐生タイムス● 『エコ電動バス開発』

●平成23年9月30日●桐生タイムス● 『「新しい未来」へ着々とあゆむ』

●平成23年10月26日●桐生タイムス● 『地元産材も両輪の活用~環境の顔、もくべえの存在感 オガクズ炭、倍土にして花』

●平成23年10月29日●桐生タイムス● 『電動バスが走る”ホコ天”』

●平成23年10月31日●桐生タイムス● 『小型電気バス試作車を公開~群大などチーム~』

●平成24年1月1日●桐生タイムス● 『社会全体が”独創性”を評価すれば』

●平成24年1月5日●東奥日報● 『”一石三鳥”家畜のふんガス化処理』

●平成24年1月5日●日経新聞(夕刊)● 『家畜のふんをガス化し発電』

●平成24年1月6日●中部経済新聞● 『家畜のふん ガス化処理』

●平成24年1月10日●産経新聞(群馬版)● 『家畜の糞で発電 群大教授が新技術』

●平成24年1月11日●宮崎日日新聞● 『家畜ふんをガス化』

●平成24年1月26日●桐生タイムス● 『「環境・エネルギー」キーワード産官学民連携の活動報告』

●平成24年5月24日●桐生タイムス● 『群大エコエネ研にエコ定期に寄付 桐生信金』

●平成24年5月26日●桐生タイムス● 『群大エコエネ研にエコ定期で寄付』

●平成24月6月25日●上毛新聞● 『オピニオン1000 再生可能エネルギーの未来 脱大量消費とともに』

●平成24月6月28日●上毛新聞● 『街中に電動バス ナンバー取得』

●平成24月6月28日●読売新聞(群馬)● 『畜産バイオ発電 研究進む』

●平成24月6月28日●読売新聞(群馬)● 『地産地乗 環境共生バス』

●平成24月6月29日●読売新聞(群馬)● 『省エネへ EV着々普及』

●平成24月6月30日●桐生タイムス● 『MAYUが本町通りを走るよ』

●平成24月6月30日●上毛新聞● 『MAYUがナンバーを取得』

●平成24月9月21日●読売新聞● 『尾瀬入山移送 電気自動車で』

●平成24月11月30日●桐生タイムス● 『申請総合計画 正式計画を来月決定へ』

●平成24月12月20日●桐生タイムス● 『電動バス「MAYU」どう使う 児童生徒交え議論』

●平成24月12月20日●桐生タイムス● 『サイエンスカフェ22日市分「織姫」で群大公開講座』

●平成24月12月22日●桐生タイムス● 『電気バス 乗って考えまちづくり 小学生・高校生が提案』

●平成24月12月24日●上毛新聞● 『低炭素社会への取り組み 桐生の自然活用を』

●平成24月12月25日●上毛新聞● 『最新EV理解深める』

●平成24月12月27日●日刊きりゅう● 『群大が主催してワークショップ』

●平成25月1月1日●桐生タイムス● 『人のリズムで走るバス』 『MAYUってどんな車?』 『狭い道路環境にぴったり』 『MAYUと走るまちへ 実証実験着々と』

●平成25月1月10日●桐生タイムス● 『低炭素社会構築目指す研究紹介 合同講演会(1月23日)』

●平成25月1月22日●上毛新聞● 『畜産バイオマス発電の研究で県 日量2トンに増強』

●平成25月2月19日●桐生タイムス● 『SSH課題研究まとめ解説』

●平成25月2月27日●桐生タイムス● 『日本エネルギー学会 会長就任』

●平成25月6月27日●桐生タイムス● 『未来へ走れ 電気自動車』

●平成25月7月3日●上毛新聞● 『電力も”地産地消”で』

●平成25月7月5日●上毛新聞● 『多士放談 社会と意識の改革を』

●平成25月9月9日●桐生タイムス● 『宝田教授エネルギー学会会長就任』

●平成25月10月4日●全国農業新聞● 『畜産バイオガス発電』

●平成25月10月5日●桐生タイムス● 『脱温暖化プロジェクト取り組み成果を展示』

●平成25月10月7日●桐生タイムス● 『車体の色が愛称です~MAYUの仲間披露~』

●平成25月11月26日●桐生タイムス● 『マユでふるさと学ぼう 北小3年、低速電動バス使って』

●平成25月12月21日●桐生タイムス● 『2市の新研究テーマ選定中 MAYU学校展示を検討』

●平成26月1月17日●桐生タイムス● 『連携が未来のかたちを生む 楽しむ気持ちを忘れずに』

●平成26月1月29日●桐生タイムス● 『FT桐生写真コン表彰式』

●平成26月4月9日●桐生タイムス● 『2人乗りEV開発 シンクトゥギャザー』

●平成26月4月21日●桐生タイムス● 『新郎新婦は人力車 親族はMAYU』

●平成26月5月12日●桐生タイムス● 『座禅などで日本文化体験 マレーシアの工科大学ら来桐』

●平成26月5月28日●桐生タイムス● 『MAYU マレーシアへ』

●平成26月6月2日●桐生タイムス● 『JST社会技研 全国成果 桐生で検証 脱温暖化、新段階へ』

●平成26月6月9日●桐生タイムス● 『フォーミュラEでもPR(MAYU)』

●平成26月6月20日●上毛新聞● 『「脱温暖化」成果を期待 実験始動 桐生で式典』

●平成26月8月28日●桐生タイムス● 『日韓の研究者ら桐生で交流 バイオマスをテーマにシンポ 両国学術団体も初支援』

●平成26月11月11日●桐生タイムス● 『MAYUに座布団』

●平成26月11月13日●桐生タイムス● 『MAYUマレーシアで人気 首相や農水相も乗車し評判上々、2台追加受注』

●平成26月11月15日●桐生タイムス● 『脱温暖化で地域活性化を 桐生市で関係者ら研修会』

●平成27月2月26日●桐生タイムス● 『脱温暖化や子ども育成語る-桐生夫人団体連絡協議会-』

●平成27月9月8日●桐生タイムス● 『企業と大学が連携し 北小で水の授業 JICA海外研修員も参加、教育法学ぶ』

●平成27月10月23日●桐生タイムス● 『地域が元気になる脱温暖化 来月職者らシンポジウム 桐生で全国大会』

●平成27月11月5日●桐生タイムス● 『MAYU 宇奈月へ 新たに2台受注』

●平成27月11月6日●桐生タイムス● 『脱温暖化で地域を元気に 市文で全国大会開く』

●平成27月11月6日●上毛新聞● 『脱温暖化による地域再生目指す』

●平成27月11月10日●桐生タイムス● 『小学校で「脱温暖化」授業 桐生高校理数科』

●平成27月11月10日●桐生タイムス● 『外国人誘致に弾み 中国にパイプ桐生に専門旅行者』

●平成28月1月14日●桐生タイムス● 『「総合戦略最終案」重点施策14事業に』

●平成28月3月31日●桐生タイムス● 『「まゆ、ありがとう」一年間の運行実験終了』

●平成28月4月5日●桐生タイムス● 『菱「マユ」出発 バスとの乗り継ぎ実験』

●平成28月5月11日●桐生タイムス● 『マユでまちなかへ 県外客の利用伸びる』

●平成28月9月23日●読売新聞● 『未利用熱 エネルギー源へ 経済性の見極め重要』

●平成29月3月27日●桐生タイムス● 『群大・宝田教授が最終講義「運と勘、人に恵まれた」』

●平成29月5月6日●桐生タイムス● 『宝田元教授が講演 日本樹木医会』

【雑誌】

●2010年12月号●JST News● 『「地域力による脱温暖化と未来の街-桐生の構築」研究開発プロジェクトの場合』①

●2012年8月号●DIME● 『家畜のふん発電』

●2013年度号●Center News● 『群馬大学次世代エコ・エネルギーシステム研究会』①

【未来創生塾関係】

こちらから